2014年09月30日

FIRE SIDE 箱補強

北海道からの道中が長かったせいか?
はてさて、ひょっとしたら輸送中に
箱を落っことしたか??
たぶん後者やろけど。

と、ボヤいてても仕方ないんで、補強をします^^


005.jpg
ま、とりあえず気持ちよく穴が開いてる底面を
何とかせんな!





で、かくして、どうして箱がそんなに大事かっと、言うと〜
使わない時に置いておくのは、ともかく
輸送時にそこそこ丈夫じゃないと
すぐに痛んでしまうんです。
これは前タマゴ型ストーブで学習済みでして。
なので、どうしても補強せんとダメなんです。
別に木製の箱を作ろうかとも
考えたんですが、そこそこ丈夫に作ると
かな〜り重量が重たくなってしまいそうなんです。
それやの〜ても重たいのに、これ以上重くすると
「腰」が逝ってまう・・・・

てな訳で、発送時に入っていた箱を手直しします。

まずベニアを持ってきて〜〜〜
004.jpg

カッターナイフでササッと切り取ります^^

で、下に敷くだけ(笑)
001.jpg


これで脚が外に飛び出さないと思います(^O^)v

お次は、端と言う端をすべて
透明荷造りテープで補強します^^
002.jpg
カッコ悪くてもいいんです(笑)
背に腹は変えれん!!

で、最後にストーブ下に収納する
幕避けの部品を脚が当たらんように切り取って
今日の作業は終了〜〜♪
003.jpg

切り取った写真は撮り忘れ^^;

これで安心して運べます^^

後は、その他もろもろ改造せんとなぁ〜
って、いつになるやら?!(笑)








posted by たけ吉 at 13:52 | 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプ道具> 薪ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406274432

この記事へのトラックバック

ページトップへ戻る